間伐された通風と日照のいい場所は果樹を育てる環境に最適

庭

お得なものを購入する

スコップ

野菜だけでなく、最近では調味料に使われることのあるハーブも栽培されるようになっています。ハーブの栽培も野菜の栽培と同じように栽培キットがあるので、失敗せずに育てられます。

最適な育成環境

苗

果樹を栽培する土壌は

果樹は苗木を植えてから、3年位経たないと実をつけません。中には、6年から7年かかるものもあります。早くても数年はかかるわけですから、花が咲き果実が実って収穫の時期を迎えたときは、とても嬉しいでしょう。 果樹を栽培する土壌は、水はけが良くなくてはいけません。水はけが悪いと土中のすき間が水で満たされて、酸素が押し出されて少なくなってしまいます。果樹の生育が悪くなるので注意しましょう。 どうしても水はけの悪い場所で育てなくてはいけない場合、少し工夫をすることです。溝を掘って水を低い方へ導くようにしましょう。また、土中に刈った草や枝を埋めて、土中の根に呼吸できるだけのすき間を作ってあげると言う方法やちょっとした間伐を行なってもいいでしょう。

野菜や草花とは違って

果樹は野菜や草花とは違って、植えつけられた場所で10年、20年と長く生き続けます。当然、最初は小さな樹ですが、成長すれば大樹になるものも多いです。家の庭で果樹を栽培したいと言う場合は、場所をしっかり考えてから植えましょう。 また、果樹はその年の影響が1年後、2年後にも及びます。手入れを怠ると、その影響が後々まで尾を引くでしょう。手入れはしっかりすることです。 そして、害虫のことが気になると言う人も多いでしょう。果樹は基本的に樹齢が長いので、多種多様の病害虫に脅かされます。水はけの良い場所はもちろんですが、通風と日照も良くなくてはいけません。そう言う場所や間伐などで開けた場所で育てれば、病害虫に悩まされることもほとんどなくなるでしょう。

ガーデニングが似合う住宅

女の人

住環境を良くしたり、エクステリアを充実させたりなどして自然と触れ合う時間を求めている人は多いです。ガーデニングや家庭菜園などを趣味として始めている人も多く、ガーデンスタイルが生活の中心となっている人も少なくありません。

苗から育てていく

果樹

野菜の自給自足生活は経済的にもお得ですし、さらに採れたての栄養価が高い状態で野菜を食べることができるメリットがあります。また最近では、手軽に育てることができるようなキットまで販売されているのです。